前の記事 » 
次の記事 » 

高認合格までどのくらい?合格までのスケジュール

  公開日:2017/09/20
最終更新日:2020/11/12

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の田中です。
これから高認試験の合格を目指すとき、どのくらいの勉強期間が必要でしょう?

この記事では、合格までに必要な勉強時間と期間を解説します。

全科目受験する場合は?

四谷学院の標準学習期間は、4ヶ月です。

「え?たった4ヶ月?短くないの?」
といわれることがありますが、大丈夫です。

高認試験は、中学レベルの内容から高校2年生くらいまでに学校で習う内容から出題されます。
しかも、テキストは学習すべきポイントを絞っているので、短期間の学習で合格が狙えます。

一人ひとりの状況によっても学習スケジュールは多少変わってきますが、全科目受験を目指す場合、平日に1日4~5時間の学習が目安としましょう。
体育や家庭科の授業なしで高校に通っているのと同じ感じですね。

もちろん4ヵ月以上かけて学習されても問題ありません。
4ヶ月間で、ひと通りのカリキュラムが修了するようにつくられています。

残り科目が数科目の場合は?

残り科目が1科目や2科目の場合は、どのくらいの学習期間が必要かどうか?についてですが、確実に合格を目指すためにも、1科目でも1~2ヵ月間は学習することをオススメしています。
とくに試験まで余裕がある場合には、しっかり復習して高得点合格を目指すとよいでしょう。

社会はAがオススメ

社会科にはAとBの2種類があります。具体的には「世界史A」「世界史B」のいずれか、あるいは「日本史A」「日本史A」、「地理A」「地理B」のいずれかを受験します。
一般的に、BよりもAの方が学習範囲も狭くなっています。
そのため、学習時間も短くて済みますから、高認試験対策としては「A」がおススメです。

四谷学院通信講座では、社会Bの設置はありません。
同様の理由で、倫理、政治経済、物理基礎の科目の設置もありません。

特に選択科目については、より学習しやすい科目、つまり合格しやすい科目を開講しています。

 

 

四谷学院では、「なりたい自分になる」あなたを精一杯サポートします。 高認で、変わろう

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  高認生の悩み・疑問  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428255)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ