ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

高卒認定試験とは?

ここから本文になります。

勉強にブランクがあっても高卒認定試験に合格できます。

不登校・高校中退でも大丈夫!高卒認定試験で未来が無限に広がります

中学を卒業して高校に進学しなかった人や、不登校の人、高校を中退した人が進学したいと思ったとき、進路を切り開いてくれるのが『高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)』(旧大検)です。この試験に合格すれば、大学・短大や専門学校の受験や国家試験などで、高卒者と同様の扱いになるからです。学校が合わなかった、いじめにあった、進路変更をした、病気、経済的理由など、様々な理由で不登校になり、高校を中退した人は、毎年全国で6万人以上に上っています。高校を卒業しなくても、高卒者と同等の資格が国から与えられるこの試験は、今、自分の希望する道に進むためのもう一つの手段として大きく注目されています。

高卒認定試験は新しい未来を切り開くための積極的な選択

学校生活に疑問を感じた人たちの中には、最初から高校には進学しないで、積極的に高卒認定試験を受験する人がいます。そして3年間ではなく、ほとんどの人が1年以内で合格し、その後は趣味や大学受験の勉強などに時間を充てています。自分の時間をどう使うかを考えたとき、高卒認定試験は積極的な選択の一つになっています。

大学受験や公務員試験・就職などで高卒資格と比較してのハンディは全くありません

高卒認定試験は司法試験や医師国家試験などのように国の資格試験なので、きちんと社会的に認められています。大学受験や公務員試験・就職などの際にも高卒に劣ることは一切ありません。医者になりたい、看護師になりたい、設計士になりたい、プログラマーになりたい、音楽家になりたい。高卒認定試験から先の道は、あなたがやりたいことで決まります。

1年以内で取ってしまいましょう 高卒認定試験は決して難しくありません

四谷学院には中学を卒業して4ヶ月でその年の試験に合格してしまう人がいます。1年以内での合格が四谷学院のモットーです。高卒認定試験は教科書が6割程度理解できているかを判定するもので、合格の定員はありません。内容的にも半分程度解ければ合格できますから、決して難しい試験ではないのです。高校との併用はかえって大変です。高卒認定試験だけで合格してしまいましょう。

勉強にブランクがあっても心配いりません

四谷学院では中学から不登校だった、また10年以上のブランクがある、という先輩達が、1年以内で資格を取ってきました。その秘密は、誰でも気軽に勉強に取り組めるオリジナルテキストと、中学レベルからさかのぼって無理なく指導していく独自の才能開発システムになります。高卒認定試験は簡単なので、必要なのは能力というよりは「短期間で合格したい!」というあなたの願望なのです。

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。