ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

どんな試験?

ここから本文になります。

高卒認定試験の内容や仕組みについて解説します。

年に2回のチャンスがあります

高卒認定試験は、文部科学省が毎年8月と11月の年に2回実施しています。試験の翌年の3月31日までに満16歳以上であり、高等学校を卒業していない人(大学等の受験資格がない人)が受けることができます。年齢制限もありませんので何歳であっても、自分が受けようと思った時が受験適齢期です。また、高校に在籍しながら合格した科目は、各学校長の判断で高校の卒業単位として認定してもらうことも可能です。

全部で8~10科目 100点満点中40点程度で合格できます

高卒認定試験の合格基準は、100点満点中40点程度で合格の定員はありません。教科書レベルの基本的な問題が解ければ合格できる、易しい試験です。試験科目は全部で8~10科目ありますが、高校に通っていた人などは科目免除になる場合もありますので、在籍していた高校に確認しましょう。

平成26年度からの試験科目等の変更内容

H25年度までに一部科目を合格済の場合は、H26年度の合格要件に置き換えて合格を判断します。たとえば旧課程で「理科総合」+他1科目を合格済の場合、H26年度試験での追加受験は不要です。しかし「物理I」+「化学I」、「科学I」+「生物I」など理科総合を含まずに2科目選択していた場合は、上記パターン(1)(2)どちらの条件も満たしていないためH26年度試験で1科目追加受験が必要になります。

  • 受験に際しては、受験案内や文部科学省の発表にて最新情報を必ずご確認下さい。

試験の概要

受験資格 試験を実施する年度に満16歳以上になる方であれば、どなたでも受験できます。
  • 高校(全日制高校もOK)に在籍されている方も受験が可能です。
  • 既に大学入学資格を持っている方は受験できません。
試験日 毎年8月、11月の年2回
試験会場 各都道府県に1会場設置。必ずしも住所のある都道府県で受験する必要はありません。各自希望する会場で受験できます。
試験科目 1回の試験で合格に必要な科目を全て受験せず、何回かに分けて受験することも可能です。
  • 既に合格している科目を再度受験すること、合格に必要な科目数を超えて受験することはできません。

1.国語(現代文・古文・漢文)
2.現代社会または倫理+政治経済
3.世界史(世界史Aまたは世界史Bのどちらか1つ)
4.日本史または地理(日本史A、日本史B、地理A、地理Bのいずれか1つ)
5.数学
6.7.科学と人間生活+物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から1科目合計2科目、もしくは物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から3科目
8.英語

試験方式 全問マークシート方式
科目免除 高等学校や高等専門学校の1年生または2年生を修了している人は免除科目があるかもしれません。まずは高校に高認試験用の「単位修得証明書」を発行してもらう手続きをとりましょう。

リンク先の表の各科目の「免除に必要な修得単位数」を満たしていればその科目は免除になります。

また、各種技能検定(英検など)で免除になる科目もあります。

合格基準 各科目の合格基準は100点満点中ほぼ40点です。所定の科目(8~10科目)のすべてについて、合格(試験科目の免除を含む)することが必要です。ただし、満18歳に達していない者がすべての科目に合格したときは、満18歳に達した翌日から合格者になります。
出願時期 毎年5月、9月
合格発表 毎年9月、12月
受験料 7科目以上:8,500円
4科目以上6科目以下:6,500円
3科目以下:4,500円
ホームページ 試験の詳細は、文部科学省ホームページ「高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)」でご確認いただけます。

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。