前の記事 » 
次の記事 » 

高認から難関大学合格をめざす!四谷学院のスリーハーブズをご存知ですか?

  公開日:2018/01/11
最終更新日:2020/11/12

※この記事は約7分で読めます。

こんにちは、四谷学院の田中です。

四谷学院には、高卒認定(高認)試験対策のための「スリーハーブズ」というコースが設置されています。
これはズバリ、高認合格からそのまま大学受験を目指せるコースです。

この記事では「スリーハーブズコース」について説明します。

1年半のコースです

「スリーハーブズ(three halves)」は英語で「1年半」のことです。1年半を、半年毎で3つに区切っています。

1つ目。
最初の9月~2月までを、高認から大学受験の溝を埋める橋渡し学習をする期間。

2つ目。
高卒生に合流し、大学受験の基礎固め+αに取り組む期間。

3つ目。
これまでに学習してきた基礎力をもとに、応用力を磨き上げる期間。

9月からはじまって再来年の大学受験の合格を目指すのが、この「スリーハーブズコース」です。

どんな人が入学しているの?

大学受験を目指す、さまざまな方が参加しています。たとえば・・・

○ 基礎力に不安のある人

○ 高認試験は合格したけれど、年齢制限のため(※)1年半あるいは2年半後の受験になる人

○ 高認試験の残り科目があるけど、大学受験勉強も同時進行させたい人

○ 東大・京大・早稲田・慶応・上智などの難関大学に合格したい人

○ 真剣に勉強をしたい人

※高認試験は、高認を受験する年度に満16歳以上になる方なら誰でも受験できます。大学受験は満18歳以上で可能になります。
※一部の大学で実施している「飛び入学」は、満17歳の高認全科目合格者は受験することができます(日本国内の大学のみ)。
 

最初の半年

スリーハーブズ オリジナルクラス授業

高認試験と大学受験には、「レベル差」があります。
この溝を埋めるのが「スリーハーブズ オリジナルクラス授業」です。

9月から基礎固めをして、受験生に肩を並べます。

55段階個別指導を1年半かけて進めます

中学1年生レベルから、東大レベルまでを55個のステップに分けて進めるのが「55段階」。
四谷学院独自のシステムで、「四谷学院といえば55段階!」といわれます。
得意科目はドンドン先に進め、苦手科目はじっくり確実に学力を付けていきます。

また、「個別指導」で先生の解説を受けることができるので、気になることは遠慮なく質問できます。
クラス授業と並行して進めていきます。

高認の残り科目は?

高認の残り科目がある人は、同時並行して高認対策も可能です。
残り科目が少ない場合や、苦手意識が強い場合は、「完全個別指導コース」も上手に使いましょう。

無事に合格できたら、大学受験一本に絞ります。
だから、時間を無駄なく活用できるんです。

予備校の授業のなくなる2月3月は?

通常ならば、受験シーズンとなる2月上旬で、予備校の授業は終了します。
でも、安心してください!

スリーハーブズコースなら、予備校の授業がなくなる2月~3月も次年度受験に向けて授業があります。
自分ひとりでは、ペースを維持しながら勉強を続けるのは大変ですよね。
授業があなたのペースメーカーとして勉強をサポートし続けます。

次の1年間

4月からは「高卒生コース」に合流。いよいよ大学受験の勉強が本格的にスタートします。
科目別能力別授業と55段階個別指導の「ダブル教育」で、学力をグングン伸ばしましょう。

学習イベント

ゴールデンウィークは「皐月特訓」、夏は「夏期講習」。冬は「冬期講習」に「お正月特訓」などなど。
色とりどりな学習イベントが受験勉強を盛り上げます。
多彩なイベントで、楽しみながら目標をもって学力をアップさせていけます。

スリーハーブズは途中からも入学できるの?

スリーハーブスコースは、途中入学可能です。

授業の遅れを、55段階個別指導でカバーすることができます。
最初の半年目、スリーハーブズオリジナル授業の1月頃からスタートを切る場合、まずは「完全個別指導コース」で可能な限りの基礎固めを行い、3月から高卒生コースに合流する方法もあります。

「勉強は、4月の高卒生コース開講からでいいや。」と軽く考えていると、後悔する可能性がありますよ。
「自分にピッタリなスタート方法は何か?」を一緒に考えますので、気軽に相談してくださいね。

「今」スタートすることで、4月の新年度のスタートが変わります。

完全個別指導とは?

高認試験対策として、通学コース・通信講座のほかに完全個別指導コースがあります。
完全個別指導コースは、ほかのコース・講座と併用も可能。クラス授業への参加が日程等の理由で難しい場合にも、完全個別指導コースはオススメです。

学習の状況は、一人ひとり大きく異なりますから、あなたの学習状況に応じて個別にカリキュラムを作成します。学力アップさせるとともに自信をもって授業に望めるようになるでしょう。

完全個別指導のメリット

  • ・新学期を待たず、今すぐ勉強をスタートできます。
  • ・通えるかどうか不安な人は、1ヶ月のみ、1科目からでもお申込OK

  • ・自分のわからないところから、マンツーマン指導で丁寧に教えてもらえます。

  • ・不得意科目を、完璧じゃなくても「なんかわかってきた!」レベルにしておくことで、4月からのクラス授業にスムーズに入っていけます。

  • ・高認+大学受験の両立が可能です。

高認試験の受験経験がなく、ゼロからスタートの場合や、学習のブランクが気になっている場合は、苦手とする人が多い「英語」「数学」から、個別指導コースで着手するのがオススメです。
そうすれば、4月からほかの科目がはじまっても、8月の高認合格を目指せます。

合格した先輩たちの声

高認から東大現役合格 : K君
基礎から勉強をやり直せる55段階と東大対策に特化したクラス授業。

四谷学院でなければ合格はありえませんでした。

高認から慶応・中央・首都大学合格:F君
中学から不登校で、集団の中に身をおくことが怖かった僕が、四谷学院で変われた。
学力も、人と接する力も、自然と伸びていきました。
この一年半がどれほど意義のあるものだったかを実感しています。
高認から上智・青山・立教大学合格:O君
「三人称単数のs」すら理解していなかった僕が苦手な英語は186点。
偏差値71.4まで伸ばし、ずっとあこがれていた上智大学に現役で合格!
「自分もやればできる」という経験ができました。
高認から早稲田大学合格:Mさん
「センター試験って何?」
ド素人の私が偏差値75に!
クラス授業と55段階は合格を手に入れるための最短・最適な方法でした。
高認から京都大学合格:M君
某大手予備校に3ヶ月で行かなくなった反省から、四谷学院を選択。

大正解でした!

高認から慶応義塾大学合格:U君
高認から4年のブランクを乗り越えて慶応に合格!
物理は0点から偏差値72.8までアップ!
0からでも合格できる環境が四谷学院にはあります。
高認から医学部合格:T君
高校中退後、24歳までガソリンスタンドなどで仕事の日々。
高認合格後から国立医学部受験を決意し、1年で合格できました!
高認から早慶上智に合格:T君
合格判定E→Aへの逆転合格。
僕のような状況でも志望校に合格させてくれた授業と、授業の効果を最大限に高めてくれた学習環境のおかげです。
高認から慶応義塾・上智大学に合格:Iさん
中学のときはほとんど通学できなかった私でも、
四谷学院で基礎から学んであこがれの慶応義塾大学に合格できました。

 

 

四谷学院では、「なりたい自分になる」あなたを精一杯サポートします。 高認で、変わろう

こんな記事も読まれています

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  高卒認定(高認)試験とは 高認生の悩み・疑問 合格体験記 高認からの大学進学  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428255)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ